私が入っている保険のタイプ

私が入っている保険のタイプはまず、がん保険(悪性のがんになった時専用の保険)と介護保険(介護状態、あるいは将来年金や一時金として受け取れるもの保険)死亡保険(亡くなった後におりる保険)そして医療保険(病気で入院したさいの保険)と大きくわけて四つの保険に分けられます。ここで今回は医療保険において更に詳しく書いて行こうと思います。


医療保険と一言でいっても、沢山の保険会社や数々の種類があり、どこの保険会社を選びどんなタイプの医療保険に加入すべきか、頭を悩ます人たちが多いかと思います。



私もその一人です。

ソニー損保のことならこちらのサイトにお任せください。

まず色々勉強していくなかで分かったことは、終身タイプ(保険料がずっと上がらないもの)と定期タイプ(ある一定の期間ごとに保険料が更新していくタイプ)それから60歳または65歳を過ぎると保険料が半額になるタイプの医療保険もあるようです。

終身タイプを選ぶ利点として、年齢を重ねても保険料が上がらないことだと思います。その点保険料は定期タイプと比べると高くなってしまうため、月々の保険料を抑えたい人が加入を検討するのが定期タイプなのではないでしょうか。また、60歳65歳を過ぎると保険料が半額になるという保険においては、長生きすればするほどお得な保険になってくるのかと思います。



オススメのソニー損害保険のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。



私は現在終身タイプの医療保険と60歳から保険料半額になるタイプの医療保険に加入いています。


元気な時は毎月支払う保険料が時よりもったいなく感じてしまうのが正直な所。




でも実際病気になって、保険会社にお世話になった時に、医療保険に加入していたことの大切さを改めて実感しました。



病気になり精神的ダメージがあるなか治療費などのお金の心配をしていたら身がもちません。

医療保険に入っていたからこそ、治療の心配せずに病院で過ごせたのですからやはり、保険はお守り使わなかったらラッキーそんなふうに感じました。
病気を患ってしまうと中々加入が難しくなってしまう医療保険、元気なうちに皆さんも是非保険について色々勉強してみると意外と面白いかもしれません。

http://www.seiho.or.jp/