喪服のマナーは男女によって違う

遺族でも参列者でも、喪服を着用する際は喪服ならではのマナーを守らなくてはならないです。いわゆる「TPOをわきまえる」という事ですが、それをする理由は冠婚葬祭において身なりを整えるのは礼儀を重んじているという意思表示だからに尽きます。そんな葬儀の場では男女それぞれで喪服のマナーが異なっており、男性はブラックスーツ、女性はブラックワンピースの着用が必須です。和服でも構わないものの、男性の場合は和服を身にまとえるのは喪主のみとなります。

女性は喪主や遺族でなくても和服は可ですが、黒い帯に黒無地の着物、白い足袋は絶対です。羽織は使用せず、先述した白い足袋以外は全て黒色に統一していきます。とはいえ現在は洋装が一般的で、和服での葬儀の参列は減少しているのが現状です。逆に洋装の喪服が定着している事を指していますが、それでも用心しなければならないポイントはいくつかあります。

例えば男性はブラックスーツの着用が主流ではあるものの、日中ならモーニングでも構わないです。モーニングは男性の正装の1つで、夜間でなければブラックスーツの代用品になります。女性ならアンサンブルがワンピースの代わりとなるものの、どちらも露出を避けるのが共通事項です。夏場であっても肌の露出は好まれておらず、上着などで肌を覆い隠す事を推奨されます。

身だしなみについては男性は髭を剃り、髪を整えるだけで良いものの、女性はアクセサリーと香水をつけないのが無難です。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です