喪服を着るときのマナー

喪服には正と準と略がありますが、一般参列者の喪服は以下の通りになります。男性の場合はブラックスーツで、生地は光沢がないもの。上着はシングルでもダブルでも大丈夫です。パンツは裾がシングルのものを履きます。

ワイシャツは白無地のレギュラーカラーで、ボタンダウンは避けます。ネクタイは黒色かつ無地で、光沢素材でないものを選びます。ネクタイピンはつけません。結び方の決まりはないですが、くぼみを作らないこと。

ベルトは黒で無地のシンプルなもので、殺生を連想させるヘビ柄などのデザインはやめます。靴下も黒の無地で、白は避けます。シューズは黒色の革で紐で結ぶものになります。つま先にデザインの入ったものでないプレーントゥやストレートチップで、金具は付いていてはいけません。

女性の場合はブラックフォーマルのワンピースやスーツ、アンサンブルです。露出の高いデザインは避け、上は長袖から5分袖で、スカート丈はひざ下からふくらはぎくらいはあるまでが一般的です。弔問通夜の時の略喪服としてパンツスーツを着るのは可能です。アクセサリーは真珠が定番です。

バッグはツヤや飾りのない、黒で布のシンプルなものです。数珠や香典が入るものが良いのですが、サブバッグも必要な時はそれも黒を選びます。ストッキングは薄手の黒色で、華美なものはいけません。靴は革製を避けシンプルな黒のパンプスで、ヒールやミュールはいけません。

ネイルをしている場合は黒い手袋で隠します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です