喪服を購入するタイミングと選び方

不幸があって身近な人が亡くなった場合、喪服を着ます。高校生までは学校の制服で問題はないし、大学生の場合なら黒のリクルートスーツを活用すればマナー違反になる事はありません。ようするに学生ならば必ずしも喪服を着なくてもマナー違反にはならないという事なんです。社会人になったらお葬式やお通夜に出席する時には喪服が必要になります。

購入するタイミングですが、必要になり慌てて購入するという方がけっこう多くいます。しかし社会人になると会社関係の不幸などで突然お葬式などのお手伝いをしなければならないという事も多々あります。そのような時に慌てないように、社会人になったタイミングで購入しておくと安心です。喪服はそれほど頻繁に着るものではないので、長く着る事を前提に購入しなければなりません。

購入する場所ですが、百貨店なら専門の知識を持つ方にアドバイスをしてもらいながら高品質のものを購入する事が可能です。良いものは購入できますが値段は10万円くらいと価格が高くなってしまいます。もう少し安く購入したい方は紳士服のチェーン店で購入する事をおすすめします。こちらでは喪服のコーナーがあり、専門の知識を持つ方にアドバイスをしてもらいながら、バックや背広や靴下まで、百貨店の半分くらいの値段で購入する事が可能です。

選び方ですが、女性の場合は、アンサンブル型のワンピースを選んでおくと、体格が変わっても着る事ができ安心です。男性の場合は定番の形を選んだ方が長く着る事が出来ます。最近はネットでも安価に購入出来るので、自分の予算に合わせて社会人になったら早めに購入する事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です