最近の永代供養について

一般的に永代供養とは、自分の先祖などのお墓参りに行くことができない人たちに代わり、霊園やお寺などが管理や供養をしてくれるという埋葬方法です。先祖代々の土地を離れ都会で暮らす人たちにとって特にお墓の管理は非常に困難になってきています。永代供養は行ってくれる霊園やお寺などによってその方法はさまざまですが、お墓が遠方であるという場合だけではなく、高齢になって管理が難しくなったなどの理由からも永代供養の需要は非常に増えています。さらに近年では、永代供養をみずから生前予約する人も多く、もうすでにお墓を継ぐ人がいない場合やあるいは子供や孫たちに負担をかけたくないなどの理由から、生きているうちに内容や費用、あるいは葬儀や墓地など決めておく場合もあります。

さらに独身である、身寄りがないなどの場合も、自分の亡くなった後のことを考え、前もって予約する人も多いです。また、最近ではその永代供養の方法自体も多種多様になってきています。お墓というとこれまででしたら屋外に作られるというイメージでしたが、最近では建物の中に遺骨を保管する納骨堂を作る方法も多いです。このタイプには立地的にも便利な場所にたてることも可能ですので、今までよりお参りしやすくなり、お墓参りの機会が増えたと評判です。

またロッカータイプの納骨堂もあり、これですと比較的安く供養を依頼することができます。これまでの形に加えて、ニーズに合わせてお墓の姿も変わってきています。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です