永代供養の良いところ

永代供養とは、文字通り何代にもわたってお墓を供養していく事ですが、現代ではお寺や霊園に子孫などに替わって管理して供養してもらう事を言います。核家族化、少子化、高齢化の現代人のニーズに合わせて、多種多様な永代供養墓が作られていますが、反対に言えば永代供養をしてもらう場合に、自分の希望に合った供養形態に近いものを選択しやすいという事でもあります。ここで注意しなくてはいけないのは、永代供養といえども永遠に供養してもらえる訳ではないという事です。また、永遠に供養してもらう必要もないでしょう。

100年も経てば、ほとんどの人が忘れられてしまいます。また、覚えてもらっていても無意味となるでしょう。そんな理由でお寺や霊園では、供養に30年~50年の期限を切っている所がありますから注意が必要です。お願いする際は、きっちりと確認しておいた方がよいでしょう。

できるだけ永い間、人々からは忘れられても自分の魂は供養し続けてもらいたいという人は、合同祭祀の形態を選ぶのが無縁仏になるのを回避するのには最適でしょう。合同で埋葬されますから、お寺や霊園が存続している限り供養してもらえます。無縁仏になったとしても、お寺などでは無縁仏も供養しますから安心です。合同祭祀によって、すぐに自分がこの世に存在した証しも残らないのは残念な気がする人には、名前やメッセージを銘板石に残せるタイプや個別に埋葬してもらえる方法もあるようです。

お墓の場合は子孫が健在でも、世話をしなくなった時点で無縁仏となってしまいます。残された人に経済的、精神的負担をかけなで長期間供養してもらえるというのが永代供養を選択するメリットと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です