永代供養と位牌の取り扱い

永代供養にしようと思った時、位牌はどうすればいいのだろうと悩むことがあります。仏壇に位牌がある場合、どのようにすればいいのか、永代供養でも位牌はつくった方がいいのかと、わからないことがあるでしょう。位牌とは、四十九日法要の時、塗りの位牌に、魂入れがされるものです。ただ、位牌は必ずつくらなければいけないものではありません。

宗教によっては位牌をつくらないこともよくあります。永代供養をする時に、これまで引き継いできた位牌については、永代供養をお願いする寺や墓地に相談をするようにします。位牌の供養も行ってくれるところがあるためです。位牌の供養にも種類があり、一時的に預かってくれるというもの、長期間預かってくれるものがあります。

一時的に預かってくれるものは、ある一定の期間だけ契約をして寺院などに預かってもらいます。その後、位牌を引き取るか、魂抜きをして燃やして処分するのかを決めます。魂抜きをして燃やして処分することを、お焚き上げと言います。長期間預かるものは、契約の期間、預かった後、お焚き上げすることになっています。

長期間位牌を預かることになるので、費用も少し高くなりますが、手元に引き取ることなくお焚き上げまでいくので、位牌を永代で供養するということになるのです。新しく遺骨を永代供養する場合は、同時につくった位牌も安置してくれるお寺があります。ただ、寺院によってそれぞれ違ってきますので、事前に確認しておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です