永代供養の内容について

永代供養は墓を管理したり供養する人がいない場合などに、ある一定期間寺や霊園などが管理や供養してくれる墓のことですが、最近の社会情勢も加わり注目されてきています。供養期間は十七回忌までや三十三回忌まで、五十回忌までと寺や霊園によって様々ですが三十三回忌までのところが多いようです。その後は共同墓地などで供養されるのが一般的です。種類としては個別に墓石を建てるタイプや納骨堂は共同で、全体として大きな像や石碑が建てられているものなどがあります。

値段は永代供養の期間や供養内容、墓のタイプや地域によって、また寺や霊園により違いますが数万円から数百万円まで様々です。購入時に一括で支払いますが、なかには年間管理料が別に必要なところもあり事前に確認が必要です。永代供養墓を購入すれば決められた期間内は墓を供養管理してもらうという永代供養権を取得することになります。従来の墓の場合は土地を購入しているわけでなく、墓地を使用できる永代使用権を取得していることになります。

墓を購入しても固定誌資産税などの税金がかからないのは土地の売買ではないためです。祭祀財産となるため相続税もかかりません。継承者は墓地や霊園に名前を届けて管理料を支払い永代使用権を継承しなければなりません。未払いになるとこの使用権を取り消されるので、子供や親族などの継承者がある場合のみ旧来からの墓が適しているのです。

継承者があっても子孫に管理などの負担をかけたくないと生前に永代供養にする人もいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です