喪服の基本的なルール

悲しいですが急な不幸に失礼のないよう、喪服はきちんとしたものを一枚持っていたいですね。流行り廃りが無いものなので、暑い時期と寒い時期に併せて一枚ずつ持っていれば長い間問題なく着ることができます。喪服にはある程度ルールがあるので、それにあったものを準備しておくと良いでしょう。まず男性でも女性でもかならず黒をベースに、肌の露出が少ないものを選ぶ必要があります。

男性だったら開衿ではないシャツにタイとジャケットを、女性だったら膝や胸元が出ないワンピースやパンツスーツが好まれます。これは故人を偲ぶために極力自分が目立たない服装をという、故人への配慮をするルールです。男性の場合は、光沢感が少ない生地でドレススーツやボタンが華美ではない喪服用のスーツを選ぶのが無難です。特に葬式に参列する場合は、喪服用として売り出しているスーツとシャツとネクタイのセットを選びましょう。

靴もエナメルなどの光沢感のあるドレスシューズは避けた方が無難です。女性の場合は、膝や肘が出ない丈のワンピースやワンピースとジャケットのセットや、パンツスーツが好まれます。足が出る場合はストッキングも黒で、デニールが深い肌の空けない色を選びましょう。アクセサリーは着けない方がベターですが、目上の方がなくなった場合に故人に敬意を示す一つとして、また身内がなくなった場合は来場者への身だしなみとして着けていっても良いとされています。

その場合はブラックパールなど暗い色味のものを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です