喪服を着た場合のコートの選び方

喪服は通夜や告別式の際に身につけるフォーマルウエアであり、喪主、3等親までの親族が着用する正喪服、それに準じた準喪服などがあります。葬儀では肌をできるだけ露出しないことが基本であるため、夏であっても基本的に長袖のものを着用し、女性はスカートの丈にも注意しなくてはなりません。肌を露出させないためにもスカート丈は膝丈もしくはふくらはぎ程度になっており、夏物も袖は七分袖か長袖となっています。葬儀は季節に関係なく起こるため寒い時期に喪服のみを着用した場合、葬儀会場まで行くのに寒く感じることもあります。

そのためコートを着用したいと考えますが、葬儀用のコートはありません。ただし黒色のコートをフォーマルコートとすることができます。黒でなくてはならない決まりはありませんが、葬儀会場近くまで着る場合は、男性であっても女性であっても黒の方が無難です。もし急なことであり、黒のコートがない場合は濃紺かグレーであれば問題はありません。

ですが、会場につく前には脱ぐようにし、コートを裏返すようにします。ないからといって新しいものを購入すると、亡くなることを予測して買ったと受け取られてしまうので、新品のものは身につけないようにしてください。素材も決まりはありませんが、殺生をイメージさせるファーつきのものは不向きになります。またコート丈も短いものはカジュアルに見えてしまうためロングタイプとし、シンプルな形のものを身につけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です