喪服について知っておくこと

家族や親戚、知人や友人が亡くなった場合には葬儀が行われますが、出席する際には喪服を着ることが必要です。自分だけ普段の格好で出席してしまうと、葬儀を行う人達に失礼になりますので、喪服で出向くことが常識となっています。喪服は着物と洋服とがありますが、最近は洋服で出席する人達が多くなっています。すぐに出して着ることができるよう、日頃からどんなものを持っていたかをチェックしておくと、急なお知らせが入っても慌てることなく出席することができます。

新しく購入する際には、流行に左右されないようなオーソドックスなデザインのものを選ぶと重宝します。またサイズに多少余裕のあるものを選んでおくと長く愛用できます。あまり頻繁に着用することのない喪服は、購入した時期が少し前のものですとサイズが合わない場合もあります。したがって時々袖を通したり、着てみることが必要なことになりますので、覚えておくようにします。

喪服の際には、アクセサリーやバック、靴、冬の場合には黒のコートなど、黒色の小物を揃えておくことも必要になります。普段履いている黒の靴でもよく、出かける前にはよく磨いておくことがエチケットとなります。靴を脱いで葬儀場に入ることもありますので、恥ずかしい思いをしないように気をつけることも必要です。アクセサリーは光るものや華美なものは避け、黒真珠のネックレスなどをしていくと安心できます。

また指輪は結婚指輪くらいにしておいた方が良い印象となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です