知っておきたい葬儀のマナー

人生には始まりがあれば終わりがあり、突然のお別れに戸惑ってしまう人も少なくありません。お葬式の知らせは、ある日突然やってくるものです。自分が喪家となった場合も、知人のお葬式に参列する場合も、ご遺族や近親者へ正しくお悔やみの気持ちを表せるように、日ごろから必要な作法とマナーを身につけておくことが大切です。また、普段から面識のないご遺族の近親者や遠方から来られた方とも出会うことになります。

しめやかに取り行われる葬儀の場で、居合わせた人々への思いやりや気配りの心をもって、礼儀正しく振る舞えるように心がけたいものです。また、日本では信仰の自由によって、喪家の葬儀の様式も進行している宗教や宗派によって異なります。しかし、基本的な服装や振る舞いとしては、黒を中心とした地味な服装を心がけ、静かにつつましく、故人を悼みご遺族をいたわる気持ちをもって行動することは全ての宗教に共通していると言えるでしょう。お葬式に参列する際の服装として、通夜までは近親者は喪服に着替える必要はなく、地味な服装を心がけて過ごします。

儀式の際の喪服は黒で統一し、アクセサリーや過度な化粧は避けましょう。また、女性はバッグを持ち歩きますが、金具や装飾品のついていない地味なものを選びます。髪が長い場合は後ろでまとめるなどの工夫が必要です。お焼香や香典に関するマナーも宗派によっては異なってくるために、基本的な方法に加えて調べておくといざというときに役に立ちます。

葬儀では、喪家やご遺族の疲れは相当なものです。長居することなく、お悔やみの言葉を伝えた後は、静かに引きあげたり、近しい人の場合は何か手伝えることはないかと気遣ってあげるなど、相手を思いやる気持ちを大切にしましょう。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です