葬儀での服装に関して

急遽連絡が来て葬儀が行われると知れば、誰もが慌ててしまうものです。身支度もそこそこに出かけていく事が多くなりますが、その時には服装に関しても注意しておくようにしましょう。殆どの人が慌てていたり、早く駆けつけなくてはと思っている分、失敗する事も増えてしまうのです。基本的には喪服を着用すればいいのですが、正式なものを持っている場合には親族より格が上にならないように略式のものを着用します。

通夜でも仮通夜の場合は急遽駆けつける事が多いので、地味な平服でも構いません。一般の通夜であれば男女共にブラックフォーマルとなります。葬儀や告別式の参列も、同じくブラックフォーマルです。控えめな服装や化粧を心がけます。

レンタルなども近年は出来ますが、日程に間に合わない事もありますので、事前に一着は用意しておくのもいいでしょう。服装はあったとしても、バッグなどの小物が見つからないと探し回ったりする事もありますから、これもきちんと用意しておくといざという時に助かります。子供に関しては学校の制服などを着用して参列します。ない場合には白シャツに黒やグレーのズボンやスカートを着用する事になります。

葬儀の時には可愛い格好をさせるというよりは、品のある格好にして明るい色のゴムやリボンもなるべく避ける事が望ましいです。いろいろと考える事も多くて悩ましいですが、出かける前には一度立ち止まってきちんとした格好になっているかどうかをチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です