葬儀をスムーズに行うのは

儀式が行われるという時には、それに参加する人達のお互いの意思疎通を確かめ合うようなところがあります。葬儀にもそういったことがあります。血縁や地縁を久しぶりに会うことで確かめ合うのです。隣近所にだれが住んでいるのか分からない、親戚と会うのは誰かの結婚式かお葬式だけになったと言われるくらいに、地域でのつながりや、親戚づきあいも少なくなってきています。

そんな中葬式では普段はなかなか会えない人達が集まって亡くなった人を送ろうとします。普通の生活の中ではほとんど忘れている人達と一緒に葬儀をすることは、改めてそこで血縁関係や地縁関係を確かめ合うのです。でもそこにはやはり、滅多に会うことがないという事で、難しいことも起こります。葬儀は亡くなった人にとってただ一回、一生に一度のことで、それも他人の事ではなく、本当に近しい人を送る時に丁寧に送りたいと少し気を張ってしまいます。

そこで親戚関係の人達とはいえ、意見の違いも出てきたりします。それは葬儀のやり方とか形式などになるのです。例えばお焼香の順番だとか、式を家でするのか、または斎場などで行うとか、あるいは新聞に乗せた時の書き方など、いろいろとあるのです。それが起きるのはその参加者の中に幾つかの式を見てきたような人が言い始めたりするのです。

その時には、やはりその見てきた人とは比べものにならないほどの経験を持っている専門の葬儀会社人の意見がとても大切になってきます。きちんと教えて納得させてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です