知っておきたい社会のマナー 葬儀編

みなさんはお葬式の際に渡す御香典についてどれだけご存知でしょうか。若い年代の方は、知らないと答える人も多くなってきています。社会人になると必ず知っておきたいマナーなので、しっかりと覚えておきましょう。またご存知の方もいると思いますが復習しておきましょう。

まず一つ目は、御香典には新札を入れずに使い古されたお札を入れるということです。そんなことどうだっていいと言う方もいると思いますが、これも大切なマナーです。なぜ新札を入れてはいけないかと言うと、遺族の方に御香典を渡した際事前に用意していた印象を与えてしまうからです。ですから新札しか持っていないと言う方は、折り曲げるなど工夫して渡すようにしましょう。

二つ目は、御香典に包む金額の相場についてです。御香典とは、故人との関係性によって金額が変わってきます。親や兄弟の葬儀の際には10~5万円。親しい友人や勤務先の上司の葬儀には3~1万円。

勤務先の同僚や近所の方の葬儀には1万~5千円を包みます。このように世間ではだいたいの相場が決まっています。しかし必ずしもこの金額を渡さないといけない訳ではありません。御香典とは、故人向けての気持ちだからです。

また、9や4のつく数字は縁起が悪いとされているので使わないようにしましょう。三つ目は、不祝儀袋の折り方です。不祝儀袋の折り方にも大切なルールが存在します。気にかけにくいことかもしれませんが、守らないと失礼にあたってしまうのでよく覚えておきましょう。

左から折ることを吉、右から折ることを凶というものです。この折り方をよく考えて不祝儀袋を渡すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です