お葬式に必要な料金について

お葬式の費用は、日本消費者協会のアンケートから出した平均額は、200万円を少し切れています。3年前は、この金額は231万円でしたから、この費用は減っているように見えます。実際のこの費用を見ると、葬儀一式の費用、寺院の費用、飲食接待費と分かれます。葬儀の費用も、そのやり方で、通夜や葬儀告別式を行わず、火葬場を使用するだけの場合(火葬場使用料、棺代、火葬までの遺体の安置料金、遺体を運ぶ寝台車の料金)20万円弱ですみます。

普通の家族葬と言われる通夜、大体葬儀社に支払う金額は50万円前後と言われています。さらに参列者の人数により、飲食代が必要です。当然参列者の数が増えると、飲食代は、高くなりますし、その費用も含めると、平均で120万円くらい、最高金額は190万円くらいです。当然別途、寺宗教者への費用が必要です。

この費用も戒名をもらう場合(戒名の種類により値段が違いますが)、とそうでない場合の費用の相違もありますが、平均50万円くらいです。ただ、通夜から葬儀終了までの読経料は20万円から25万円くらいです。しかし、この費用も寺院の格によって異なりますので、葬儀を依頼した寺院に直接聞くか、葬儀屋さんに相談をするといいのです。最低金額は、1万円で最高金額は190万円くらい必要だったと言われています。

お葬式を行う場合、葬儀屋さんで葬儀のパックとして、金額の説明がありますが、お葬式の流れと、何にどのくらい必要なのかを詳しく聞いてみて、どのような事に費用をかけるのかを納得の上で、お葬式の料金の使い方を納得の上で葬儀の依頼をするといいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です